髪の毛が復活する植毛ガイド

納得するまで質問に答えてくれる

植毛に関する決して見逃すことのできない情報を配信しています。
当サイト「髪の毛が復活する植毛ガイド」で公開しているお役立ち情報メニューにまずはご注目ください。

 

自分のもので植毛した髪の毛はあるため、拒否反応も起こしにくく、「自毛植毛を受けた」ということも自然と定着してほとんど分からなくなるのです。自毛植毛は髪の毛全体の本数が増えるわけではないのですが、AGAに対する最終手段となりうる治療法なのです。

 

その一方で、高度な医療技術を自毛植毛は必要とし、一般人にはそのプロセスには分かり難いものがあります。しかし、綿密なカウンセリング(話し合い)が自毛植毛を受けるクリニックでは行なわれ、質問に手術を受ける人が納得するまで答えてくれるはずです。

 

こちらの満足する答えがカウンセリングの際に期待できなかった場合は、相談するクリニックを変更し、様々な質問を自分が納得するまでぶつけてみましょう。

 

側頭部や後頭部から植毛に使われる小片(グラフト)は採取するのですが、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響をこれらの部位は受け難く、抜け毛がAGAによって少ない部位なのです。頭頂部や前頭部がAGAによって薄い人でも、髪の毛がこの部位が抜けていないのはそのためです。

 

そして、それらの部位を自毛植毛では植毛します。「毛包」ごと自毛植毛は移植するのですが、ドナー(グラフト)のもともとの性質を受け継ぎます。
DHTの影響を側頭部や後頭部の毛髪は受けにくい性質を持っていますので、移植した先でも移植した毛髪が定着すれば、AGAに対する耐性を示します。

 

植毛情報をインターネットのクチコミサイトや情報サイトを利用することで簡単に見つけることが出来ます。
非常に植毛の悩みの基礎的な知識は大切ですので、ネットでまずは勉強をしましょう。